さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

新聞をみても、税法がしょっちゅう変わるのでわけがわからない・・・

お問い合わせ

税制改正は、過去数十年、毎年12月に改正案が新聞等でも公表され、翌3月に国会で可決・決定する、という流れでした。

しかし、平成23年3月の国会以降は、政党の勢力の関係ですんなり決議されない状況にあります。

例えば、改正案が新聞に載ったあと、翌年3月に、一部は実現し、一部は実現しなかった。また一部は修正されて実現した。

これでは、新聞等をしっかり読んでいる方でも訳がわからなくなります。

税理士は、その関与先さまに関係がありそうな項目を絞り、何が“案”で、何が“確定”かをわかりやすくご説明いたします。

← 相続税TOPに戻る

次の質問

申告するまでの流れは?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。