さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

納税資金が足りなさそう・・・

お問い合わせ

相続財産より相続税が高くなることはあり得ません。ですが、相続税の納付は原則として「お金」ですから、遺産のうち現金・預金が少ないケースでは納税資金 が足りなくなることもあります。

現金で払うことを計画  不動産などを相続開始“前”に売って、預金等にしておく方法と、相続開始 “直後”に売って納税資金とする方法、大きく分けて2通りありますが、土地の騰落 を考えなければ、後者の方が有利でしょう。

「物納」する  土地やその他の財産を換金しないでそのまま税務署に引き取ってもらい納税した ものとする「物納」という制度があります。ただし、金額的に見れば売却して金銭で納付する方が有利なケースが多いので、通常はお奨めできません。

← 相続税TOPに戻る

次の質問

老人ホームに入ると相続税で不利になる?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。