さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

同族会社があるならば、うまく準備して株式贈与すれば相続税節税に?

お問い合わせ

会社の株式は、会社の所有権であり会社運営上の議決権ですから、複数のこどもに分散して相続するのは、税金の問題以上に“経営上”得策とは言えません。後継者を1人に絞って、全て相続する方がよいでしょう。

そこで株式を後継者に生前贈与する等の対策をするのですが、株価は毎年の会社の業績により変動します。うまく計画して株式贈与すれば、いくらかの節税になります。また、ある条件を備えた会社の株式であれば、『納税猶予』という制度の利用も有効です。

現オーナーの年齢等にもよりますが、後継者への引き継ぎ準備は、亡くなってからでは遅いので、やはり専門家に早めにご相談を。

← 相続税TOPに戻る

次の質問

孫の名義の口座にお金を振り替えたら、莫大な贈与税が課せられる?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。