さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

贈与税は年110万円までは非課税。それを超える贈与にもメリットがある?

お問い合わせ

贈与税は、その金額が多いほど税率が高くなるしくみです。直系の親族間の贈与なら、年110万円までは0%、110万円を超えた部分は10%(310万円まで)、310万円を超えた部分は15%(510万円まで)、…と続いて、最大55%まで定められています。(直系親族以外の贈与は、少し高めの贈与税になることがあります)

では、いくら贈与するのが得でしょうか? 普通は、無税で済む110万円までの贈与がよく行われています。

110万円を超える贈与は損か、というと、そうとも限りません。

例えば財産が多い人がこのまま相続を迎えると、子供たちには相続税が30%の率でかかってしまう。このようなときには、贈与税率10〜20%くらいまでなら贈与した方が得、と言えます。(将来の税制の変更など、さまざまな要因が絡むので一概には言いきれませんが、基本的にはそう考えるのが正解でしょう。)

なお、贈与だけが節税策ではないので、他の方法も絡めて対策を練るのが良いでしょう。

← 相続税TOPに戻る

次の質問

路線価での土地の評価では高すぎる気がするが・・・?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。