さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

借金して貸マンションを建てると有利・・・ってホント?

お問い合わせ

あまり正しい話とはいえない、と私は考えています。

「有利」というのは、相続税課税上の評価額が下がる、という理由からです。

借金をして、そのお金で貸マンションなどを建てると、確かに評価額は下がります。

これは、金額を使って言うと、「『現金1億円』が、建物を建てた(買った)瞬間に、『建物7000万円』に変わった」のです。建物や土地は、実際の取引価額より少なめに評価できることになっているからです。元々現金を持っている方は、借入をせずに不動産を購入・建築しても同様の効果が得られます。

決して『借金をしたこと自体が節税になる』のではないのです。

もっとも、現実には借入しないで建物を建てられる人は少ないでしょうけど・・・

また、せっかく借金して不動産を買っても、その後大きく値下がりすれば、相続税で節税した金額以上に値下がり損が生じることもあります。 (一方、借金は減ることがありません)

← 相続税TOPに戻る

次の質問

同居親族が相続しないと宅地の評価減ができないの?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。