さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

配偶者への自宅の贈与は2000万円まで非課税。使わなきゃ損?

お問い合わせ

結婚して20年以上の夫婦間で自分の居住用の土地・建物を配偶者に贈与した時は、2000万円まで贈与税が非課税、という特例が使えます。

ですが、もし、自宅所有者である夫にこのまま相続が生じても相続税0円になるならば、配偶者への贈与はしない方が良いでしょう。

不動産の贈与は、持分の変更登記をしなければならず、登記費用として登録免許税や司法書士への報酬で通常10万円程度かかるので。

ですから、この非課税特例を使って有利なのは、「そのままだと相続税がかかる場合」限定です。

ただ、節税になるかどうかは別にして、『愛する妻へのプレゼント』として持分を贈与する粋なご夫婦もいらっしゃるようで…

← 相続税TOPに戻る

次の質問

養子縁組って相続対策に効果はあるの?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。