さくらがおか税理士法人
さくらがおか税理士法人

今後の相続税がいくらになるか全くわからない・・・

お問い合わせ

相続税はすべての相続についてかかるわけではありません。 「基礎控除」という金額を超えた場合に、その超えた部分に初めて相続税がかかります。 ※基礎控除=3000万円+600万円×相続人数 また、相続税の税率は、10%〜55%までで、金額が大きいほど率も上がります。 この税率は、相続人が法定相続分で(民法の規定)相続したものと仮定した取得金額に応じて決まります。

例 1

相続人は妻と子2人、課税対象となる遺産は1.2億円のケース

純資産額 基礎控除 課税対象額
1.2億円 − 4800万円 = 7200万円 → 妻1/2、子A1/4、子B1/4で分けると仮定

・妻 = 3600万円取得 → × 10〜20% → 520万円
・子A= 1800万円取得 → × 10〜15% → 220万円
・子B= 1800万円取得 → × 10〜15% → 220万円
3人の税額合計=960万円

※このあと、配偶者税額軽減などを使うことにより、税額は半分以下になることもあります。

例 2

純資産額 基礎控除 課税対象額
1.5億円 − 4800万円 = 1億200万円 → 子それぞれ1/3で分けると仮定

・子A = 3400万円取得 → × 10〜20% → 480万円
・子B = 3400万円取得 → × 10〜20% → 480万円
・子C = 3400万円取得 → × 10〜20% → 480万円
3人の税額合計=1440万円

← 相続税TOPに戻る

次の質問

借金して貸マンションを建てると有利・・・ってホント?

初回のご相談は 無料 です。

「相続開始はまだ先だけど、今から早めに相続税の相談をしたい。」
 →文書で相続税額の予測、納税資金対策、分割案、事業継承案、生前節税策などをご提案致します

相続税の事前診断は1万円〜

  • 精密な財産額の評価をして相続税を算定する場合…10万円
  • 資料をさほど集めず、主にお客様からのヒアリングで相続税を算定する場合…1万円〜

金額についてお客様と合意してから作業に入りますので
突然請求するようなことはありません。